長いニーソに巻かれたい

主にポケモンのことを書くと言ったな。あれは嘘だ。

【スマブラfor】リュウまとめ~よく使うコンボと連係~

 相手にコンボを通しやすく、ダメージレースに有利なこともリュウの強さの一つ。私がよく使う構成をまとめておく。始動技ごとにまとめるので、どの程度簡単かや実戦で狙いやすいかは別。

 

地上始動

 リュウの地上技は優秀なので当てることができたらしっかりコンボを決めたい。ルートも多いので状況に応じて選んでいこう。

 

・小足or肘→各種投げ

 立ち回りで振った技が当たったら投げが繋がる。崖際でヒットさせた相手を崖外に出したい時などによく使う。崖外に出したら復帰阻止や崖の読み合いに持ち込もう。

・小足*2-3→中足→灼熱or竜巻

 序盤によく使う構成。灼熱は竜巻に比べるとダメージは少し低いが当てた後の展開が良い。竜巻はダメージが出るが、相手の%が低いと当てて確反になったり、そもそも当たらなかったりする。

 最初の小足の前に肘を挟むこともできる。少しだけダメージが伸びる。

・小足*1-3→昇竜拳

 非常にわかりやすいバーストコンボ。相手のダッシュに置く、近距離で差し込む、ガードや回避からの確定反撃などで使う。小足1回でのヒット確認は難しいが、ずらされにくく昇竜拳を根本当てさせやすい。

 

・肘*1-3→昇竜拳

 リュウの基本バースト手段。相手のSJに合わせる、ガードからの反撃などで使う。ヒット確認がしやすいが、ずらしで抜けられやすい。理想は1回、多くても2回でヒット確認して昇竜に繋ぎたい。

・肘→強上強

 高%時のバースト手段として使うのがメインだが、ギリギリ昇竜でバーストしない%の時に、昇竜にOP相殺がかからないようにするための妥協コンとして使うことも。強上強ヒット後はすぐにセビでキャンセルして追撃や着地狩りへ移行する。

・肘→空下

 崖際でのメテオ構成。その場上がりやジャンプ上がりに肘を当てるのがメインだが、ラインを詰めた相手に当てても当然繋がる。ずらしやタイミングで失敗しても大きなプレッシャーになるので積極的に狙いたい。

・肘→空N*n→空下

 肘から空N運送を狙う連携。ずらしやジャンプで抜けられやすいため安定しないが、空Nが当たってしまえば非常に大きなダメージが期待できる。〆の空下は空中ジャンプを挟むか、そのまま下りで撃つかジャンプ上りで撃つかの判断が難しい。当たれば相手は死ぬ。

 

・適当→下から復帰する相手に崖降り急降下空下

 メテオでバーストを狙う際の連携。適当の部分は崖外に追い出せればなんでも良い。

 崖降り空下は見てから回避するのは不可能なので読まれなければ通る。崖から追い出した相手に波動拳を撃ち、回避させた硬直に空下を当てる使い方も単純に強い。

 

・下投げ→空上or空前or空N

 別のキャラのコンボ構成で見たような並び。空前も繋がる。ある程度ダメージが溜まってくるとこっちでないと繋がらない。低~中%で繋がる。ベク変には空前で対応できる。

 空Nはほぼキャラ限。思いキャラがベク変しなかったらそのまま空N運送が狙える。

 

空中始動

基本的に下りで当てるケースが多い。ハイリターンなものが多いので狙っていきたい。

 

・下り空N持続当て→小足*n→中足→灼熱or竜巻

 飛び込み空Nから小足を擦り、ヒットしていたら繋がる。小足から昇竜拳も当然繋がる。ダメージや状況に合わせて選択。

・下り空N持続当て→肘→昇竜拳

 上と同じく空Nから。どちらかというと低空の相手に空Nが当たったときの方が繋がりやすい。崖際なら空下でメテオにつなげることも出来る。

・下り空N持続当て→ダッシュ昇竜拳

 相手が100%を超えたあたりで繋がる。受け身が間に合うケースが多いが、きりもみ吹っ飛びだと確定。

 

空N発生当て→波動拳(ダウン連)→適当

 ある程度%がたまった相手に通る。SJの上りや着地際に空Nを当てると波動拳で追撃しやすい。

 距離が離れるのでセビからの踏み台ダウン連ほどのリターンは取れないが、起き上がりにダッシュ昇竜拳、空下→昇竜拳、空下→肘→空下などでメテオを狙うことは可能。タイミングやヒット確認が難しい。

 

・下り空前→着地→上り空前→空中ジャンプ空前or空上

地上の相手に空前を着地際にヒットさせると、もう一度空前を当てることができる。繋がりやすい上にダメージも高い。状況も割といいので便利な連携。最後の空前or空上は相手の位置を見て判断する。

 

・空前裏当て→ジャンプ昇竜拳

 高%時にバーストを狙う連携。見た目がかっこいい。確認が遅れたり、相手の位置が悪かったりで昇竜拳が厳しそうなときはもう一度空前、空上などで追撃する。

 

・空前裏当て→空N*n→空下

 所謂空N運送。セビを絡めなくても立ち回りで振った空前裏当てヒット確認からでも当然繋がる。空前裏当てのあと肘を挟んでも良い。

 

・低空空後→反転肘or小足→適当

 低%時のダメージ取りに便利。空後は着地硬直が短いので、地上や低空の相手にヒットさせた後追撃が可能。相手が空中にいた場合は肘、地上にいた場合は小足が繋がりやすい。小技をヒットさせた後は地上始動コンボのどれかをつなげよう。

 ちなみに空後はガードさせても同じことができるので、低空空後を振ったらとりあえず反転小足、という行動は強力。

 

・低空空後→波動拳(ダウン連)→適当

 相手が40-60%くらいの時にダウン連が成立する。追撃は空N波動のものと同じ。

 

セビ始動

  基本的に低空や地上でヒットさせるものとする。高空でセビは当てても美味しくないので素直にキャンセルして着地をずらしたほうが良いことが多い。

 

・セビ1→各種空中攻撃

 相手の差し込みにセビを合わせたときの基礎コンボ。相手のベクトル変更によって追撃は変わる。内側変更なら空下や昇竜が繋がる。崖に近い位置で当たったら積極的に狙う。外側変更なら空前や空後が繋がる。空上は安定。割とどこでも繋がる。キャラによっては空N運送が繋がることもあるので狙う価値あり。

 

・低空セビ1→ステップ着地→ジャンプ昇竜

 セビ1から空中昇竜の連係は、セビ1ヒットとステップキャンセルをした後に着地できると大幅に安定する。リュウの背中側に近い、ド密着の位置でセビが当たった場合は反転昇竜でないと当たらないこともあるので注意。

 

・セビ2or3→空下→コマンド昇竜拳

 基本的なバーストコンボ。空下のあと肘を挟んでも良い。空N運送を狙うのに比べると安定して火力が出るため、軽い相手や%の高い相手にはこっち。崖際だったら空下→肘→空下でメテオを狙っても◎。

 

・セビ2or3→空前裏当て→空N*n→空下

 セビから最大リターンを取りに行く連係。ずらされると抜けられるので適当なところで着地して肘昇竜とかにするのもアリ。空前裏当ての後空中昇竜拳に繋ぐルートもあり。

 

・セビ2or3→空前裏当て→踏み台→空N持続当て(ダウン連)→セビ2

 ほぼキャラ限の踏み台ダウン連。クッパガノン、カムイあたりにはよく決まり、理論上は相手がバーストするまでループできる。リンク、ロイ、デデデ、ゴリラには実戦で決めたことがあるので決まる。空N運送より余程安定しないがキャラによっては狙う価値あり。