長いニーソに巻かれたい

主にポケモンのことを書くと言ったな。あれは嘘だ。

リュウのキャラ対メモ【対ピーチ】

対ピーチ

 対戦経験が少ない。下強からのダウン連、浮遊を絡めた特殊な動きなど、固有の対策が求められる。


立ち回りで注意する技、振りやすい技

 地上技よりも空中技の方が警戒した技が多いように感じる。空下からのコンボは空Nの暴れはきっちりとガードしたい。特に空下はガードしても空N暴れがガーキャン投げに勝ってしまうことがあるので安易なガーキャン投げをしないようにしたい。流れを取ったら判定の強い技で着地狩りに移行してリターンを取りたい。

 こちらが高%のときは下手に上から攻めると空前、上スマなどでバーストされるので控えめにする。

 ある程度距離がある状態で相手が浮遊して来るようならSJ灼熱で牽制する。


遠距離

 お互いに大きなリターンは取れない距離。浮遊で様子見する相手にはSJ灼熱を撃って動かす。ピーチの機動力であれば、空中から下ろしてしまえば灼熱に差し込まれることはそうないはず。


中距離

 相手の浮遊が機能しやすい間合いであるように思う。引き空前、上から空下被せ、すかし投げなど相手の択が多い。空下はガードした後空N暴れが可能で、ヒットしてしまうと痛いダメージを取られてしまう。暴れまで含めてきっちりガードしたい。

 甘い差し込みには空後の判定を押し付けてお仕置きしたい。空N飛び込みは引き空前に注意。


近距離

 発生が早く、コンボやダウン連が痛い下強が怖いが、リュウの得意な間合いでもあるので近づけたら積極的に攻撃したいところ。接近戦を嫌って後ろに下がるようなら空前や空後でプレッシャーをかける。


復帰

 蕪をぶつけられると場合によっては詰むので空中ジャンプは大事にする。

 安易な竜巻復帰は浮遊から空前で破壊されるので竜巻が必要か慎重に判断する。

 竜巻や昇竜にキノピオカウンターを合わせられると死ぬので、そもそも崖から追い出されないことを意識したい。

 逆にピーチの復帰は横はかなり長いが上昇力は低い。どこかで空下をヒットさせられれば帰ってこられなくなるので積極的に狙いたい。

 崖際で浮遊して待たれる場合は安易に回避を選択すると空前を合わせられてバーストする。その場上がりガードは引いて様子見から投げられるので相手の動きをしっかり見ること。

 崖離しセービング上がりは空前をいちおう受け流すことはできるが、余程余裕がない限りはステップでキャンセルして着地したい。

 
その他

 空前着地が低姿勢でセビば当たらないことがあったりするので気をつける。セビ自体は空下で割られてコンボの起点にされるので立ち回りでの多様は避けたい。上からセビ降りするのも空上に割られるので注意。バースト拒否に織り交ぜられる程度だと考えて良い。