長いニーソに巻かれたい

主にポケモンのことを書くと言ったな。あれは嘘だ。

リュウのキャラ対メモ【対クッパ】

クッパ

 振り向き掴みのリーチがあまりにも長く、そこからのコンボも火力、バーストともにとても痛い。反面でクッパのコンボ耐性は極めて低く、セビ2が当たればダウン連ループでそのままバーストまで持っていくことすら可能な、『殺られる前に殺る』カード。


立ち回りで注意する技、振りやすい技

 兎に角振り向き掴みを警戒する。安易に技を振ると伸ばした脚を掴まれてしまうことが多いので技を振るタイミングを図りたい。

 浮かせてからの追撃で大きなリターンを取れるが、クッパは下Bや空下で真下に対してプレッシャーが大きいので安易に空上を連打するのは避ける。敢えて真下に居座って急降下技を誘い、着地硬直に大きな反撃を取るのは強い。

 着地際のクッパ横Bでガード待ちは崩されるので控える。ステージによっては台上にプレスされてバーストが早まるので特に気をつけること。

 空対空はリュウは殆ど負けることがないはずなので、相手が飛ぶようなら空前や空後を積極的に当てに行こう。


遠距離

 お互いに当てられる技はない。相手を動かすのにこちらは飛び道具を撃ちたいが、灼熱はクッパのハイパーアーマーに抜けられてしまうので波動拳を使うこと。


中距離

 空前や空後、空Nの飛び込みが機能しやすい距離だが、クッパの振り向き掴みやダッシュ掴みに常に怯える距離でもある。

 投げを通されて浮かされたら、セビで着地するのは振り向き掴みの餌なので避ける。技を振りながら降りると全身無敵の上スマッシュが飛んで来るのでこれは読み合い。

 飛び込みに空中ジャンプでフェイントを混ぜてクッパの振り向き掴みを振りにくくさせたい。

 クッパの身体は大きいので技自体は当たりやすい。一度技を当てたら一気に距離を詰めてリュウの得意な近接戦に持ち込む。
近距離

 リュウの得意な間合い。肘で空前や空後のプレッシャーに怯えたクッパに肘や空前裏当てが決まったら一気に即死を狙う。日和ってストックを取りに行くのをやめると距離を離されて投げの使いやすい間合いに逃げられてしまう。

 ジャンプで逃げるクッパには肘や空前、ダッシュで引いて振り向き掴みを狙う相手には下手に付き合わず、硬直や次の行動を空前や空後で潰しに行きたい。ガーキャンシェル狙いの相手投げや鎖骨を通す。


復帰

 クッパの復帰は弱いので積極的に崖降り空下や空N復帰阻止を狙う。空中ジャンプさえ潰せば低%でもストックを取れる。

 クッパに復帰阻止を受けるケースは稀だが、崖降り空前の阻止、昇竜で崖をつかむところに崖降り空後などはあるため油断しないこと。


 こちらが崖を掴んでいてクッパがガードを固めている場合、攻撃上がりとその場上がりには掴み、回避上がりにはガーキャンシェルを狙っている可能性が高い。ジャンプ上がりは比較的安全。

 クッパが何もしてない時に安易に回避上がりを選択すると振り向き掴みが飛んで来るので気をつけること。

 相手が崖を掴んでいるときは崖肘が当たりやすいので読み合いをしっかり。回避上がりに対応できなさそうならせめて緊急回避で投げから逃れること。

 

その他

 灼熱での牽制はハイパーアーマーがあるため避ける。代わりに波動拳を使う。半回転が手癖になっている場合は通常Bで構わない。

 クッパの真下でガードを固めると下Bで割られるので控えめにする。