長いニーソに巻かれたい

主にポケモンのことを書くと言ったな。あれは嘘だ。

リュウのキャラ対メモ【対フォックス】

対フォックス

 お互いに高火力が出るカード。強みの押しつけが発生しやすい。


立ち回りで注意する技、振りやすい技

 フォックス側に中遠距離での大J空下を振り回されると厄介。落としにくく、当たれば各%帯で大リターンな上にガードされても捲れることがある。空下にはとにかく当たらないことを意識すること。フォックス側のリーチが長くないので、跳び自体はこちらの上り空前などで落とすことができるので、距離をきっちり見極めること。

 投げ自体は安く、確定するコンボもないのでガードを多めに立ち回る。


遠距離

 フォックス側のブラスター待ちが強く、動かされたところを落とされがち。ブラスター自体のダメージが高かったりバーストされてしまうことはないので、焦らず距離を詰める。相手もいつまでもブラスターを打ち続けられるわけではない。


中距離

フォックス側の大J空下が機能する距離。こちらがラインを詰めているなら飛ばせて落とすこともできるが、そうでないならもう一歩近づかないと相手に差し返されるリスクの方が高い。前述の通り、空下を貰うと痛いどころか死ぬのでとにかく警戒すること。投げはそこまで痛くないのでガード多めに立ち回って、じりじりラインを詰める。


近距離

 近づけばリュウ側が読み合いに持ち込める。大J空下やSJ下り空後に対しては強上強や空前こちらの跳びを潰しに来るSJ上り空後や空Nなどには強上強や肘からリターンが取れる。フォックス側は防御性能がさほど高くないので一度流れを掴んだら一気に攻めること。甘い暴れ着地には空上、強上強などで分からせること。


復帰

 横B復帰に確実に技を合わせるのは多分リュウだと難しい。波動などで下から復帰させれば崖に空後などを置いて落とせる可能性が高まる。復帰阻止を狙うなら上Bを的にする。

 こちらの復帰は竜巻に下スマ、昇竜に空後など怖い要素があるので、タイミングを読まれないように。


 最もハイリスクなのは回避上がり。見てからDA余裕で着地狩りされる。

 比較的安全なのはジャンプ上がりと崖離しセビ上がり。それぞれ空後や上強を受け止めてステージに戻れる。


その他

 フォックスに打ち上げられた際の空上がセビでも拒否できず非常に厳しい。まず浮かされないことを第一に考えて立ち回るべきだが、万が一のことがあれば空N発生で空上に判定勝ちできることは覚えておきたい。無理やり拒否できる。

 

 立ち回りは厳しいが、判定勝負と撃墜力でこちらが勝るのでチャンスを逃さないこと。