長いニーソに巻かれたい

主にポケモンのことを書くと言ったな。あれは嘘だ。

リュウの立ち回りのいろいろ

  最近どうもスランプでメイトのレートがドカドカ溶けてるので、一旦頭の中を整理する意味で書き散らかそうと思う。

キャラ対などを考慮に入れない、概論的なものとして。

 

・遠距離

やれることかないので歩くなりダッシュなりして近づく。

逃げ待ちする相手には灼熱打つこともあるが足が速いと見てから飛び込まれることもあるので注意。

 

・中遠距離

お互い1ステップ+前回避で裏に回れないくらいの距離を適当にこう呼ぶ。

この辺りから歩いて間合い管理を意識する。下手なダッシュは相手の飛び道具やリーチの長い技に引っかかったり見てからいろいろされるので警戒すること。

相手の動きに対応して技を刺せるのもこの距離から。

SJから色々してくる相手には上り空前、ダッシュには肘や小足、ガードや回避のあとには大足などできっちり差し込みや差し返しをすること。強上強対空も機能する。

 

・中近距離

もう一歩で小足が届くくらいの距離を適当にこう呼ぶことにする。

コンボ始動が当たったら確実に殺す。

こちらの行動を潰せる技(例えばマルスの空前) に警戒しながら、前歩き小足や肘、あるいは空後押し付けや低空空Nなどでできるだけ圧力をかける。

この圧力が大事で、ここでの相手の動きをちゃんと見ること。回避で逃げるのかジャンプするのか暴れるのか或いはそのほか。

無理に差し込みに来る相手にはガードや回避から小足or肘、あるいは走行反転小足で差し返す。

回避打つ相手には様子見を多めにして、見てから狩るのが理想。特に前回避は引き空前や空後、反転肘や小足などで確実に。後ろ回避は相手がラインを失うので、焦らず攻めること。

 

・近距離

こと撃墜においてはこの距離でないとどうしようもない。リュウの命。

ここでもコンボ始動が当たったら殺すこと。肘、空前裏当て、セビあたり。

飛びや小足肘などからガードさせて鎖骨でガークラ、投げから復帰阻止などを狙う。この距離にいられる間にできるだけかハイリターンを取ること。

あえて後ろ飛びで様子見して暴れ潰ししたり、いきなり技をパナして圧力をかけても良い。

崖はきっちり読み合うこと。

ただ攻め一辺倒にするのではなく、追い払いたい相手の行動を潰すことも意識に入れる。

 

とりあえずこれくらい。