長いニーソに巻かれたい

主にポケモンのことを書く。それ以外のことも書くかもしれない。

【オフレポ】第5回ばしオフ! 参加させていただきました

  2月も下旬になりましたが皆様あけましておめでとうございます。ギンです。気が付いたらブログを更新しないまま物凄い時間が経ってしまっていたらしいですね。

 先日、2月20日(土)に、一橋ポケモンだいすきクラブさんが主催の「ばしオフ」に参加させていただきました。今回が5回目らしいです。ルールは全国ダブル。VGC2016がGSルールになったので、ダブルのオフで採用されるルールがそちらに流れつつある中、禁止伝説の用意などイカにかまけて全くできなかった私にとても優し話でした。

 

 春休みに入ってから部活にスキーにそこそこ忙しい日々を過ごしていたやっぱりイカとスマブラばかりしていたので構築の準備をしたのはなんとオフ前日の夜。ざっくりと固まってはいた構築を実機で再現するだけだったのでそこまで大変ではなかったとはいえ、並びを確定させるのにはやっぱり時間がかかりました。出来上がった並びはこれ。

f:id:silver_99:20160221155918p:plain

 ただのガルーラスタンですね。一番強いし仕方ないでしょう。対戦相手が選出画面を見た第一声が80%以上「うわ強そう!」でした。強いポケモン並べて強い技を打つと強いのは当たり前です。詳細な内容は気が向いたらブログに書くかもしれません。

 

 ここまでが前日譚。早寝するつもりがやっぱり夜更かししてしまって微妙な睡眠不足に。

 そして当日、京王井の頭線で浜田山駅へ向かったところ、急行が止まらないことに気付かず吉祥寺まで一度流されてしまう大事件が発生。電車の遅延でダイヤが若干ずれていたので運負け。

 それでもどうにか受付時間ギリギリに間に合いました。一安心ですね。用意されたテーブルには、だいたい予選リーグごとにわかれてオタクがたくさん座っていました。見学勢に2人ほど遅刻がいて、自分のことを棚上げしてゲラゲラ笑ってました。ごめんね。

 オフが始まって最初に自己紹介。GSやってて全国ダブル忘れました勢がたくさんいました。

 ここで少しでも笑いを取っていきたいというところで、私の直前に自己紹介しためとぽけの後輩パンダ君。自分のそれもほどほどに「まあ次にめとぽけの先輩が自己紹介してくれるので」といって切り上げてしまった。いいのかそれで。というか私の心の準備が。しかしナイスでした。

私「初めましての方は初めまして。首都大学東京指定暴力団めとぽけから来ました、組長のギンです」

 内心スベったらどうしようかと気が気でなかったのですが、それなりの笑いをものにしたので良かったです。ちなみに私はヤクザではありません。

 

 そして予選スタート。5人リーグで私は最初が空きだったので、見学勢とボドゲで遊んでました。そしたら呼ばれたので対戦スタート。怒涛の4連戦を、以下まとめます。興味のない方は飛ばして下さい。また、対戦相手の名前、使用構築を記載しています。書かれると困る、という方はTwitterにリプライを下さい。順次対応いたします。

 

1戦目:しげりさん

相手:ヤミラミ テラキオン ピッピ ヒートロトム (ガルーラ エーフィ)
自分:ランドロス ニンフィア クレセリア ボルトロス 

 ニンフの通りが良かったので遠慮無く先発。ガルーラを見せているのでテラキオンが初手に出てくるかなあと思ったのでそれに強い。ランドロスを先発に。どうやらこれが見事出し勝ちだったらしく、2ターン目にヤミラミの怪しい光、テラキオンの岩雪崩のスーパー運ゲーを仕掛けられるも、ニンフィアがハイボを通して2匹同時に突破。裏のピッピのフレンドガードをクレセのスキスワで奪ってランドロスの岩雪崩で押し切って勝ち。

 

2戦目:まけまけさん

相手:モロバレル ミロカロス ギルガルド (ボーマンダ バンギラス キノガッサ
自分:ボルトロス ランドロス クレセリア ヒードラン

 完全にミロカロスを舐めていました。今まで霊獣ランドロスを使ったことがなかったので、威嚇メタの強さをあまりよくわかっていませんでした。ミロカロスに好き放題されて負け。

 

3戦目:パンダくん

相手:ゲンガー ランドロス ガルーラ ニンフィア (ヒートロトム エルフーン
自分:ランドロス ニンフィア ガルーラ ボルトロス

 第一感でなんとも偽装臭いエルゲンに見えたものの、本物だとマズいので、スカーフ地震を打てるランドロスを先発に。ニンフィアは無理に先発させなくてもよかったかもしれないです。ゲンガーがランドロスと並んだのを見て、偽装と決め打ちして雪崩ハイボを打ったところ、岩雪崩がゲンガーの急所に当たり、2発合わせてゲンガーごと相手の2匹を突破。ボルトロスガルーラに麻痺を入れ、ガルーラランドロスで裏2匹を突破して勝ち。

 この時点で、2勝1敗が3人並んでいる状態となり、最終戦で勝った人が決勝に上がる形に。

4戦目:やまとさん

相手:ボルトロス ボーマンダ キノガッサ ヒードラン (マリルリ ガルーラ
自分:クレセリア ランドロス ガルーラ ボルトロス

 初手の対面はこちらが微有利かと思われたところ。岩雪崩での怯みを引くなどして、かなり早期に先発の2匹を突破。大幅有理化と思われたところでキノガッサヒードランに苦しめられる。キノガッサのスカーフ岩石封じでボルトロスを突破され、この時クレセリアボルトロスに手助けをしていたため大きな一手損となる。ガルーラ猫騙しでキノガッサを突破したが、隣のランドロスの技選択を岩雪崩外しを嫌って地震にした結果、当然味方のガルーラを3発で倒してしまい、シングルダメージ熱風を受けランドロスが倒れて負け。雪崩外しを恐れるべきではなかった。

 

 以上、2勝2敗で予選落ちでした。最後の負けは非常に悔しいところでした。

 ポケモンは終わってしまったので、いろんな人とボドゲやってました。初めてやったんですけどカタン楽しいですね。

 

 そんな感じで一次会が終了しました。準優勝された方がパーティのKP合計13らしくてめちゃくちゃびっっくりしました(小並)。

 

 二次会は阿佐ヶ谷駅の近くの金斗雲Zさんという中華料理屋さん。コース料理と私が勝手に頼んだ青島ビールを堪能しました。酒を飲まないオタクがパクチーに散々苦しめられてて面白かったです。あとうぇいぱさんSPLのキツオタに「最初に見た時本当にヤクザかと思った」と言われました。全くもって先入観というのは恐ろしいですね。

 

 本当は三次会にもお邪魔したかったのですが、雨が酷くて寒かったり終電の時間にあまり余裕がなかったりイカのフェスやりたかったりだったのでここで撤退しました。私のばしオフは終わった。

 主催、運営してくださったばしポケの皆様、本当にありがとうございました! 対戦してくださった皆様、ボドゲしてくれた皆様もありがとうございました。楽しい一日でした。

 以上、ギンのばしオフレポでした。

【スマブラfor】リュウまとめ~立ち回りと使用感~

 リュウは技こそ優秀なものが揃っているが、スピードはさほど早くなく、また空中の制動力も高くないため、自分から動いて場を荒らしていく様な動きをするのは難しい。常に間合いの管理を意識し、相手の動きをよく見て、当てられる技をきっちり選んでしっかり当てていかないと、いくら高い単発ダメージがあるとはいえ通しにくいだろう。特に地上A技はボタンを押す長さで技が変わってしまうので非常に難しい。

 また、動きが遅いことも相まって、安直に後ろ回避で距離を取ってしまうとせっかく技を避けたのに反撃が取れない、ということになってしまうことも多い。その場回避と前回避を中心に立ちまわるのがいいだろう。

 リュウはバーストを取れる技こそ多いものの、それぞれのバースト力はそれほど高くないものが多いので、セービングで相手がダウンしたときなどバーストを取れる状況で確実に取っていかないと勝てない。ダメージレースには有利だがフィニッシュで負けてしまうケースは非常に多いと感じた。各種バースト手段のスペックをまとめておく。

・バースト力

 昇竜>>横スマ≧竜巻≒空後>空上≧上スマ>上強(長)>DA発生当て

・使いやすさ、外した時のリスクの少なさ

 空上≒空後>上強(長)≧竜巻≒DA>上スマ≧横スマ>昇竜

 ただし、コマンド昇竜は着地隙がめちゃくちゃ短いからコマミスを考慮しなければ意外と低リスクかもしれない。ボタンを短く押せば上昇距離がかなり短くなるので尚更。

・遠距離

 波動拳で相手の様子を見ながら、少しずつ距離を詰めていくのを中心に、たまに竜巻をぶっ放したりすると案外当たってくれたりする。特に飛び道具を持っている相手に対しては波動連打で飛び道具を相殺しながら距離を詰め、中距離くらいに持ち込めればリュウの選択肢が一気に増やせるので波動拳は重要。

・中距離

 遠距離と同じく波動拳で様子を見つつ、相手の飛び道具をSJで飛び越えて空前を当てたり、竜巻で突っ込んだりでリターンを取って行きたい。中距離はリュウのすべての技が効果的に活用できる距離なので、序盤から中盤はこの距離をキープする立ち回りを目指したい。距離がある場合はDAを差す、下強(長)からのコンボなどでダメージを取りたい。

相手から突っ込んでくる場合は弱A(長)や下強(長)、ジャンプで突っ込んでくる場合には各種上強などで対応しよう。どうしようもなくなったらセービングを打つと、単発攻撃に反撃が取れる。灼熱波動拳を打ったあとダッシュで突っ込んで掴み、なども有力で、出来ることが多い。この距離なら空対空に移っても問題ない事が多い。

・近距離

 発生の速い技が多いリュウが動きやすい距離。小パンや小足からの火力のあるコンボを積極的に狙って行きたい。SJ空NAや空前などもよく通るのでこの距離はリュウが積極的に動いても大丈夫な距離だと思う。また、近距離での打ち合いになるので、コマンド昇竜なども打ちやすい。最終的には近距離にまで詰めないとリュウはバーストが取れないので頑張るしかない。

・空中戦

 リュウは空中の制動力がそれほど高くないので、飛んでいる相手に自分も飛んで応戦するのは難しいが、着地際の相手にジャンプ攻撃を当てる、射撃を飛び越えての飛び込みなどで空Nや空前を使うことはよくある。また、自分の着地際に空中攻撃をヒットさせることができればそこからコンボに入ることもできるので、飛ぶ価値は高い。

・崖際

 間合い調整が非常に重要なリュウは崖際を背負うとそれが一気に難しくなり、出来ることが大幅に減る。ゆえに、自分が崖を背負ってしまうのは非常に重い状況であると言える。もし背負ってしまったら早めに脱出しよう。竜巻が便利かもしれない。逆に相手に端を背負わせることができたら大きなチャンスになる。画面外までの距離の短さがリュウのバースト力をカバーしてくれるので、一気に攻めたい。無理に地上打撃でバーストを取らなくても、何らかの手段で相手を場外に出し、下から復帰してくる相手には崖降り急降下空下、横から復帰する相手にはSJ空後という強力なバースト択を持っているので、下スマや投げも活用してそれらを狙っていきたい。

・復帰

 横方向に竜巻とセービングキャンセルダッシュ、上方向には昇竜があるため復帰力それ自体は低くない。しかしセービングキャンセルは速くしないと復帰が間に合わないし、竜巻と昇竜は隙が大きいので回避狩りに極めて弱い、竜巻は後隙に技差し込まれるし昇竜は距離調整ミスって地上に降りてしまうと間違いなく攻撃をもらう。ついでに空中ジャンプを使ってしまうと復帰力が一気に落ちるので、ギリギリまで置いておこう。昇竜で崖際の相手を殴れるのは優秀。

使用感と有利不利

 リュウ自体の技が非常に多いのでキャラそれ自体の対応力は非常に高く感じられる。あとは入力が微妙に難しい技をしっかり使いこなせれば非常に強い、という感じである。またバースト力に少し乏しいので取れるところでしっかりバーストさせていかないと勝てないと感じた。

 キャラの有利不利だが、セービングアタックの仕様を考慮すると、それぞれの技、特にフィニッシュに使われる技が単発攻撃のキャラ(CF、ガノン、リトルマックその他)にはバーストの手段が一つ増えるため動きやすく、逆に多段ヒット技がメインになるキャラに対してはセービングが半分死に技になってしまうのでフィニッシュ手段を一つ失うことになり厳しい。また、リュウ自身が遅いため、シークやソニックといった高速キャラには好き放題されてしまうことも多い(というかこいつらはそもそも強い)。

 近接戦闘は極めて強い部類に入るリュウだが、遠距離戦で使えるものは波動拳くらいしかないのでトゥーンリンクなどの飛び道具キャラにも対策が必要である。こういったときに、やはり飛び道具を飛び越えて空前で触りに行く動きが強力だと感じた。

 空中戦がそれほど強くないリュウに対して、所謂風船族、それからピットやブラックピットは非常に強い。リュウがギリギリ対空できない位置を動き回って少しずつ削られるとめちゃくちゃキツイ。これも要対策。

 

結局3つ記事使ってまとめたけどこんな感じ。細かいキャラ対策とかは気が向いたらちょっとずつ書いていこうと思う(書くとは言ってない)

【スマブラfor】リュウまとめ~よく使うコンボと連携~

 リュウは相手にコンボを通しやすいのもダメージレースに有利な要素の一つ。バーストに直結するようなコンボはまだ見つかっていないが、私がよく使う構成をまとめておく。

 

地上始動

リュウの地上技は優秀なので当てることができたらしっかりコンボを決めたい。ルートも多いので状況に応じて選んでいこう。

・弱A(短)*3→灼熱→DA

 差し込みで使った弱Aのコンボから有利状況を作る択。飛んでいった相手に灼熱をヒットさせ、そこにDAが綺麗に当たる。ダメージが高いと灼熱が当たらなかったり回避されたりすることがあるが、そうなったばあいはそこにDAがほぼ確実にヒットするので強い。波動拳の弾速は状況と好みによる。ぶっちゃけ序盤のダメージが少ないうちは、少し横にふっ飛ばしたら灼熱を打っておいて損をすることはないとみて問題ない。

・DA持続当て→空上

中距離での差し合いからリターンを取る構成。リーチの長いDAは持続に当たることも多く、そこに空上が繋がるのでダメージを取りやすい。

・DA発生当て→空前

DAを発生当てすると斜め前に吹っ飛ぶので、すぐに飛んで空前が間に合う。ダメージ次第だがその後空中ジャンプして空前や空上が繋がることもたまにある。

波動拳→弱A(長)、各種上強、上スマ

波動を飛び越えて突っ込んでくる相手に対向する択。この3つの技はどれも上に判定が強く、どれを打っても大体当たることが多いが、弱A(長)は比較的縦には短く横に長く、ほか二つは横が短いかわりに縦に非常に長い。低空から来る相手には弱A(長)を、真上の方から来る相手には上強や上スマを打とう。

・下投げ→上スマ

下投げからはいろいろな技がつながるが、最も有利状況をキープしやすいのはこの構成だろう。相手にダメージが入っているとほとんどつながらなくなってしまうので、ほぼ開幕限定だが、下投げから少しだけダッシュして上スマを打つと繋がる。これだけで序盤のダメージレースで優位に立てるので積極的に狙っていきたい。

・下投げ→空上

別のキャラのコンボ構成で見たような並び。空前も繋がる。ある程度ダメージが溜まってくると上スマではなくこっちでないと繋がらない。バーストが狙えるようになるダメージになると上に飛びすぎてしまうのが問題点。

・横強→DA→空上

前述のコンボは最初に横強から入っても繋がりやすい。上に少し浮き上がるのでそこにDAを差すことができる。ダメージが取れて強い。

・下強(短)*2-3→竜巻

序盤によく使う構成。昇竜よりも竜巻の方が打った後の状況が良くなりやすいのでこちらを使う。できれば竜巻を一番移動距離が短いものにしたい。

・下強→(短)*2-3→昇竜

非常にわかりやすいバーストコンボ。距離がある程度近くないと昇竜が当たらないが、小足にさえあたってしまえば確定でバーストが取れるのはかなり大きい。意外と入力が難しいから練習を頑張るしかない。

・適当→下から復帰する相手に崖降り急降下空下

リュウの強力なメテオ構成。適当の部分は相手をステージ外に出せれば何でもいいが、真横に飛ばす下スマがメテオを決めやすい。ダメージが60%ほど溜まっていればほぼ確実に一機持っていけるので積極的に狙って行きたい。

・適当→横から復帰する相手に空後

空後の強力なバーストを相手に押し付ける構成。ジャンプはSJの方が当たりやすい気がするが、相手の高度次第で適当に対応する。同じく適当の部分は何でもいいが、この場合は投げや横スマッシュ、DAなどがやりやすい。

 

この他にも上強(短)始動のものがあるが難しいのでここでは割愛する。

 

空中始動

基本的に下りで当てるケースが多い。

・下り空N→弱A(短)*3→灼熱→DA

地上始動の最初に書いた構成の頭に下り空Nを入れることもできる。奇襲に使えるのが便利なところ。

・下り空前→着地→上り空前

地上の相手に空前を着地際にヒットさせると、もう一発空前を当てることができる。相手のダメージ状況によらず繋がりやすい上にダメージもそこそこ、状況も割といいので便利な連携。この後に空中ジャンプ空上が繋がることもある。

・下り空下→上スマ、空上

空中から相手を叩くとき、一番ダメージが出やすい(はず)の構成。あと相手のダメージが相当たまってても繋がるのが魅力。

【スマブラfor】リュウまとめ~技の解説~

スマブラfor3DS/WiiUで随分前に配信されたリュウを、配信された少しあとから使い続けていて、いろいろ使用感や知識が溜まっていたのでまとめておく。本来は一つの記事にまとめるつもりだったが必要なことをいろいろ書いているうちにめちゃくちゃ長くなってしまった(こういった前置きを除いて7000字ほど)のでいくつかの記事にワケて書くと思う。

 

リュウの技解説

・A技

全体的に使いやすい技が揃っているが、ボタンを押す長さで2種類に変化するのでA技が豊富。各種スペックを簡単に書いておく。(短)がボタンを短くおした時、(長)が長く押した時に出る技。発生フレームなどなどの詳細データは検証していない(環境もなければ方法も知らない)ので細かいことはググりたい。

弱A(短)

普通の小パン。発生はたぶん上強(短)や下強(短)の方が若干早い。相手に当てると3発のコンボになり、3発目で相手を前に軽く吹っ飛ばす。この後の状況が有利で動きやすいので当てたら積極的に最後まで当てたい。いちおう必殺技でキャンセルできるがほとんど使わない。ダメージは3発で10%。

弱A(長)

ハイキック。発生もそこそこ早い割にリーチも長い。実は下強(長)より長い。それでいて縦にも判定が強くて対空にもある程度使える、バースト力もあるからフィニッシュにも使えるという万能技。波動拳で相手を飛ばせてからそこにこれや各種上強を刺せるとかなり強い。ダメージは10%。

 

横強(短)

前に蹴りを繰り出す。弱A(長)ほど発生は早くないがリーチは割と長い。発生とリーチは弱A(長)よりも劣るが後隙が少なく、刺し合いに使いやすい。ダメージは6%

横強(長)

鎖骨割り。2段ヒットするパンチを繰り出す。発生も遅く、後隙も大きいが、少し前進するためリーチは長く、ガードさせるとシールドの削りがめちゃくちゃ大きい。ただこのゲームは回避が強いので刺さるケースはあまり多くない。ダメージは2発で9%

 

上強(短)

上方向に肘打ちを繰り出す。発生が早く、上には判定がある程度あるので対空に使える。キャンセル可能でコンボ始動の一つ。になる。上強(短)*適当な回数→昇竜、SJ空下などはよく使う。特にSJ空下〆はメテオになるので崖際で使うと相手を殺しきれる。ただしめちゃくちゃ難しいから実戦ではそうそう出来ない。ダメージは1発で2%。

上強(長)

アッパーを繰り出す。かなり上に判定が強く、真上から来る相手に対する迎撃としてかなり使いやすい。ついでにバーストもついているのでフィニッシュに使える。これ単独でもバーストはとれるがいちおうキャンセル可能で、相手のダメージによっては昇竜が繋がる。ダメージは12%。

 

下強(弱)

所謂小足。発生は上強(短)と並んで非常に早い部類に入る。リーチはそれほど長くないがキャンセル可能で、小足*適当な回数→昇竜のコンボは有力なフィニッシュの一つ。また、竜巻も繋がるのでダメージを取りやすい便利な技。ダメージは1-2%

下強(強)

所謂中足。これもキャンセル可能で、私は主に波動を打つことが多い。発生もそこそこ早くリーチもA技の中では弱A(長)の次に長いので刺し合いで使いやすい。特に差し返しに強い気がする。

 

横スマッシュ攻撃

上段蹴りを繰り出す。リュウの技の中でもトップクラスのバーストを誇り、また技を打つとき少し前進するのでリーチが長い。相手のリーチの外から殴れるからかなり優秀な技。後隙が若干大きいため追撃は少し難しいので相手のダメージが溜まってから使いたい。ダメージは16%

上スマッシュ攻撃

しゃがみアッパー。発生は遅いが技を出すまでしゃがみのような姿勢になるので食らい判定が若干小さくなる気がする。上強(長)よりも上にリーチが長い上に横も意外と当たる。ついでに真上にも判定があるようで上から来る相手はほとんどこれで返り討ちにでき、それほど強くはないがバーストもついてるといろいろ揃った技。ダメージは17-19%くらい。

下スマッシュ攻撃

所謂大足。リーチの長い足払いを繰り出す。スマッシュ攻撃にしては発生が早く、後隙も短い。これ単体ではバーストはほとんど取れないが当てやすい技。後述する空下のメテオに繋ぎやすいほぼ真横への吹っ飛ばしなのでバースト取りに重宝する。後ろには攻撃判定がないので回避を狩れない。これ大事。

 

ダッシュA

飛び蹴りを繰り出す。リーチが長く、多少ではあるが発生当てにバーストがついている。崖際から帰ってくる相手に当てるとそのままバーストできたりするので優秀。発生を当てると斜め上に、持続を当てるとほぼ真上に吹っ飛ばし、コンボに移行できる。ダメージは発生当てで12%、持続当てで8%。

 

空中NA

空中でパンチを繰り出す、威力、吹っ飛ばしは低いがかなり発生が早く、持続も長いので打ち合いには強い。相手の空中連携に割り込むのにも使える。ダメージは4-5%。

空中前A

空中で前に蹴りを繰り出す。発生とリーチが非常に優秀で、持続も長い。先出しすればほぼ間違いなく勝てる技。リュウは空中の制動力がそれほど高くはないので空中戦をするキャラではないが、空対空担った場合は空Nと合わせて非常に重要な技になる。ダメージは15%

空中後A

空中で後ろに回し蹴りを打つ。吹っ飛ばしが非常に強力で、崖周りでの復帰を妨害しながらバーストを狙える。発生は若干遅いのでタイミングを見極める必要があるが、リーチは長いので当てやすい。ダメージは16%。

空中上A

上にアッパーを打つ。2段ヒットし、2段目は上への吹っ飛ばしが強力でバーストを狙える。見た目よりも判定が長く、意外と当たりやすい。ダメージは2発で11%。

空中下A

下を殴りつける。発生にメテオがついており、相手がステージの下から復帰するタイミングで崖から降りて急降下しながらこれを打つとメテオが打てる。手段こそ多いもののバースト力が全体的に乏しいリュウにはありがたいメテオ択。地上に相手に使っても上に打ち上げられるので使いやすい。ダメージは12%。

 

空中技は全体的にコンボパーツとしても使えるが、それは後述する。

 

 

・必殺技

リュウの必殺技はどれも性能が高く使いやすい、また死に技がほとんどなく、常に手数をある程度キープできる強みもある。以下解説。

 

通常B

波動拳。コマンド入力でも出せる。↓↘→+攻撃ボタン。ボタンを押す長さで弾速を調整できる。長く押した速い波動拳は長距離の相手を牽制でき、弾速の遅い波動拳は相手を拘束する時間が長く、起き上がりに重ねると相手にヒットしやすい。中距離以上の距離があるときの立ち回りの要になる技。ダメージはボタン入力で6%、コマンド入力で7-8%。

また、半回転コマンド←↙↓↘→で灼熱波動拳を出すことができる。ボタンを押す長さの仕様は同じだが、こちらは相手に多段ヒットする。ガードさせても連続ガードになるので、拘束時間が非常に長い。距離次第ではつかみが確定するが、波動拳は後隙がかなり大きいので結構シビア。安易に近い距離で波動拳を打つと後隙を投げられたりするので気をつけよう。空中で打つとリュウが少し浮くので着地のタイミングをずらせる。たまに刺さる。

横B

竜巻旋風脚。コマンド入力でも出せる。火力の高い突進技として重宝する。ボタンを押す長さで移動距離を調整できる。突き出した足の部分が無敵なので判定の塊になって相手に突っ込むことができて、ぶっぱしても強い。といっても、回転している背中の部分と真上は無防備なので狩られる時は狩られる。リュウの技の中でも唯一回避に刺さる技なので立ち回りでも非常に重要。また横移動が長いので復帰にも使える。後隙が大きいので安易に打つと反撃されるが、突進、回避狩り、フィニッシュ、復帰とリュウの立ち回り全般の要の一つになっている技。ダメージはボタン入力で12%、コマンド入力で13-14%。コマンド入力の方が吹っ飛ばしが強い。

上B

昇竜拳。吹っ飛ばし力がリュウの技でもトップ。ただしボタン入力だと着地隙が非常に大きく、また発生無敵もついていないので若干使いにくい。この二つの問題はコマンド入力することで解消される。それでもやはり単発でいきなり使うのは少し怖いというところか。入力してから前を入力すると少し前に飛ぶ昇竜になる。

竜巻と合わせて復帰のパーツとして使う。攻撃手段として使う時はセービングアタックを当てた後がほとんど。といっても、コマンド入力の無敵は非常に便利なのでコマンドで素昇竜も使いたい。ダメージはボタン入力で15%、コマンド入力で18%前後。コマンド入力で当てられれば、当てる直前にダメージが7-80%も溜まっていればバーストが取れる。

下B

セービングアタック。Bボタンを押している間溜め続け、1発だけ相手の攻撃をスーパーアーマーで耐えることができる。攻撃を受けたかに関わらず、ボタンを離すと正拳突きで攻撃する。溜めは3段階あり、地上の相手に当てた場合、溜め2段階目以降は相手にヒットさせるとゆっくりダウンするような食らいモーションになる。実はこの2段目以降のダウン、相手がカウンター張ってる時に当てるとこっちが一方的に勝つ。このモーションの間は完全に無防備なので好きな技を打ち込もう。私はフィニッシュのときは昇竜、序盤で状況を良くしたい時は下スマを打つ事が多い。空中の相手にヒットさせると相手を少し吹き飛ばす。相手のダメージが相当溜まっていればバーストもたまに狙える程度。どちらかというと追撃できることが空中ヒットの主な魅力というところか。

地上、空中問わず、溜めている間とヒットさせた後は横の同じ方向を2回入力することでダッシュしてキャンセルできるため、攻撃を読んで打ったセービングが通らなかった時は溜めているうちにキャンセルしてしまえるし、空中でダッシュして間合い調整や復帰の足しにすることもできる。とても便利。ダメージは溜めなしで12%、1段階溜めて10%、最後まで溜めて17%。ダメージよりは固有の食らいモーションによる追撃が魅力。波動拳と同じく着地をずらせる。

次の記事に続く

【オフレポ】ポnewオフに参加してきました

 久しぶりのポケモン記事だ!! ギンです。先日8/18(火)に開催された、ポnewオフ(母乳オフではない)に行ってきました。本日はそのレポートを簡単に書こうと思います。

 

 

 ポnewオフ、それは新しいポ二オフ、つまり全国のポケサーから二年生が集まり、対戦交流するオフ。私はシングルバトルの部にエントリーしました。参加人数の都合や、私のエントリーが遅れたことで参加できるか怪しいところでしたがなんとかセーフ。よかったよかった。

 

 そして私のシングル大会の結果は!!

 

 全  敗

 

 まさかの全敗厨です。これでもポ一大会ベスト8になったはずなんですが今回は負けました。まあ化石構築使ったので仕方ないですね。簡単に対戦相手と対戦内容をまとめます。私の構築がこちら。

バシャーモ カイリュー ナットレイ サーナイト マンムー スイクン

具体的にどんな構築かはまた後日別の記事を書きます。以下対戦内容をば。

 

1戦目 対戦相手:田螺

ギン選出 サーナイト スイクン ナットレイ

相手選出 ゲンガー クレッフィ ピクシー(ガブリアス ゲッコウガ ポリゴン2

 

親の顔より見た対戦カード。対戦風景も実家のような安心感でした。ここだけめとぽけ通常活動。なぜ俺と田螺はオフ大会でいつも潰し合ってしまうのか。縮み殺されて負け。

 

2戦目 対戦相手:ややくん

ギン選出 サーナイト スイクン ナットレイ

相手選出 ガルーラ ファイアロー スイクン (ゲンガー ガブリアス ピクシー)

 

この構築、実は鬼火羽休めアローがゲロ吐き散らかすレベルで重たくて正直出されただけで負ける。一回、ファイアローサーナイトの対面ブレバor羽休めかナット引きorサイコショックのじゃんけんが発生したがここで択負け。

 

3戦目 対戦相手:しょだくん

ギン選出 サーナイト スイクン ナットレイ

相手選出 フシギバナ ファイアロー クレセリア

 

重たすぎるからやめろと言い続けた鬼火羽休めアローとまたしても遭遇。今回はうまいことブレバにナットレイを合わせて突破するも、その頃にはクレセバナを突破できなくなってしまっていた。負け。

 

4戦目 対戦相手:むっちーくん

ギン選出 バシャーモ スイクン ナットレイ

相手選出 ゲンガー マリルリ ムクホーク

 

このカードは割と終始一進一退で続いていた印象。命懸けムクホークに滅びゲンガーで翻

弄されたけれどなんとかラス1スイクンマリルリの対面に。そこでぶち当たったのが滅びダイビングマリルリで死んでしまった。ラス1滅びはレギュレーション違反ではなかったので負け。この辺りから精神が摩耗して思考が浅くなる。

 

5戦目 対戦相手:しーまくん

ギン選出 バシャーモ マンムー カイリュー

相手選出 ボルトロス スイクンギルガルド ガブリアス ガルーラ ゲンガー)

 

まさかの三枚目を見られずに負け。初手バシャボルト対面で安直にマンムーに引っ込んだらスイクン合わせられてハゲた。

 

6戦目 対戦相手:さーかむくん

ギン選出 バシャーモ スイクン マンムー

相手選出 サンダー ローブシン クレッフィガルーラ 霊獣ランドロス ゲッコウガ

 

実はこの試合、さーかむくんが勝てば彼の決勝進出が決まり、私が勝つと全敗厨回避できてなおかつしーまくんの決勝進出が決まる、というしーまVSさーかむの代理戦争に。割と私有利に対戦は進みましたが最後にこっちのラス1マンムーと対面したラス1クレッフィがなんと電磁浮遊クレッフィ。ここで俺が発狂。さすがに倒しきれず負け。

 

こんな感じで惨憺たる対戦内容な上に全敗厨になってしまいましたが、やっぱり人と顔を合わせてポケモンやるのは楽しいですね。

 

 そしてこのポnewオフ、余興で1on1マルチの大会がありました。これが結構面白いルールで結構頑張って考察しました。その結果私が選んだのはギルガルド。くじで決まった相方はらんたくん。なんと彼が選んでいたのもギルガルド!盤石の耐久力と圧倒的な火力を兼ね備えたこのチームの結果は!!

 

 2 回 線 敗 退 

 

キンシでAが4段階下がったメガジュペッタにシャドクロを急所にぶち当てられて死んでしまいました。とても悲しい。その相手のコンビは準優勝してました。おめでとう。

 

 そんなこんなで行程が終了。決勝進出の皆様お疲れ様でした、やっぱりレベルの高い対戦は見ても楽しい。new賞者への景品はポケモンのぬいぐるみだったりクッションだったり、日本語が話せないポケサー員のためのあいうえお表でした。アレは笑わせてもらった。

 

 ポnewオフ二次会はなんとお好み焼き屋さん。鉄板の横にはたこ焼き器も置いてありました。これ私の出番ですね。関西ヤクザオタクの本領を発揮する時が来ました。ついたアダ名はギンだこ(カツオくんしか言っていない)に。

 

 そんなわけでポnewオフレポはこれくらい。運営のptrstくん、ittknくん、bushくんの三人に、この場を借りて感謝の意を表します。対戦してくれた皆様本当にありがとうございました! 楽しいオフでした。また機会があったらみんなで遊びましょう!

野猿二郎シークヮーサーつけ麺食べてきました【おまけつき】

 やーっと昨日テストが終わりましたギンです。今回も二郎記事です。いい加減ポケモンの事書かないともはやなんのブログなのか全くってレベルでわからなくなりそう。

 そんなわけで本題に。かれこれ2週間以上前に解禁された野猿二郎のシークヮーサーつけ麺を食べてきました。

f:id:silver_99:20150811214448p:plain

こいつはシーク。強い。

随分前に食べた塩ドクロ

 

silver-99.hatenablog.jp

 これと同じ時期にやってたレモンつけ麺なんてのもありましたね。私は結局予定が合わず食べられなかったんですが、私より前にシークワーサーつけ麺食った人はそれに似てるって言ってました。さて食券がこちら。

f:id:silver_99:20150811215222j:plain

シークヮーサーのシ。食券にどう書かれるか観測するのも特殊二郎の楽しいところ。そして本物がコレ。

f:id:silver_99:20150811221440j:plain

見た目は思ってたよりも普通ですね。麺を付けさせる気がないつけ汁を普通というかは甚だ問題である。

麺はいつもの麺と同じ麺ですね。モッチリと歯ごたえのある美味しい麺でした。スープとの絡みも良好。肝心の(?)スープの味ですが、ヤサイを一口食べた途端に口の中に広がるシークヮーサーの酸味!先に書いたレモンつけ麺の知人は「割としっかりレモンの味がする」と言っていたのでなるほど、という感じでした。割と強い酸味と、二郎系らしいアブラの雰囲気がピリっと黒胡椒でしっかり締まっていて美味しいですね。また、前のなみのりつけ麺もでしたが、つけ麺は麺が水で冷やしてあるので、ちょうどよくあまり熱くない酸っぱいつけ麺でした。夏らしい! 暑い時期に絶妙に美味しい、爽やかに酸っぱい、かつ二郎系らしいガッツリ系のつけ麺でした。

夏の間は割とずっとやってるっぽいので皆様ぜひ一度行ってみてください。

 

【おまけ】

先日、野猿二郎公式ツイッターがこんなツイートをしていました。

これに興味を持った私、こないだ二郎行った時に頼んでみました。出てきたのがコレ。

f:id:silver_99:20150811231205j:plain

名前の通りのアブラ卵。卵とアブラですね。ニンニクと黒胡椒がかかっています。ためしにアブラの部分を舐めてみましたが完全にアブラでした(当たり前)。そして確信しました。これ絶対体に悪い。間違いないよこれ。

ラーメンが来たので卵を溶いて麺やヤサイをつけて食べてみましたが味は悪くないです。このニンニク炒めてあって刻みニンニクとは違った香ばしさがありました。黒胡椒は言うまでもなくピリっとした味で卵とアブラの味を引き締めてました。スープにぶち込むと卵のまろ味で一気に食べやすくなりました。興味がある人は一度やってみてもいいかもしれません。

野猿二郎なみのり二郎食べてきました【つけ麺の記事加筆しました】

 ポケモンの構築をまとめるためのブログとして作ったはずのこのブログ、気がついたら3連続で二郎記事を書いてしまっていて完全にラーメンブロガーのそれになってしまっているなあという気がします。ギンです。そんなわけで今回も二郎記事。

 

今日食べに行ったのはなみのり二郎

野猿二郎でなみのり、というと、例年やってるのはなみのりつけめんですが、今年はこれがラーメンになったみたいです。なみのりつけめんもやってましたが6月の中旬くらいにに終わってしまいました(行けなかった)。そんな悲しみを背負ってなみのり二郎へ。なみのり最終二日間はつけ麺もやってたので行ってきました、最後に書き足します。

ブログ内容的に忘れてたけどポケモン勢としてもなみのりしに行かなければいけないわけですよ。

f:id:silver_99:20150702234653j:plain

なみのりといえばこれ。ひでんマシン03。

 

 

f:id:silver_99:20150702234244j:plain

画像が縦に長いけどこれが食券。なみのりのNが書いてありますね。

 

写真にうずらの食券がありますが、このうずら控えめに言って神です。食べると、ちょっと油っこくなってきた口の中がスッと気持ちよくなります。しかも美味い。絶妙に相性がいいですね。

 

さて脱線したので戻します。出てきたのはこちら

f:id:silver_99:20150702235843j:plain

チーズをトッピングで注文できたので注文しました。以下お味に関して。

スープはかなりアッサリした塩味。以前ブログに書いた塩ドクロに割と近いけど、こっちのほうが味が軽やかですね。暴力的な味が魅力の野猿二郎としては割と異質な気がするくらいでした。ホント名前の通り波乗りできそう。まろやかなチーズとシャキシャキのヤサイは相性抜群だしスープともよく合ってました。とてもおいしい。

 

f:id:silver_99:20150715214603j:plain

そしてこちらがなみのりつけ麺。味それ自体はラーメンと同じですが、つけ麺ゆえの美味しさがありました。

まず麺が水でしめられていて熱くないです。というか冷たい。これをつけ汁(画像はつけさせる気が感じられませんが)につけて食べるわけですが、麺が冷たいぶん味がいくぶんか爽やかな感じがします。まさに文字通り波乗り、といった感じでした。それと麺がスープに浸かっていないので伸びることもなく、最後の一口まで麺の美味しさを楽しめました。これはいい。

 

中毒性は高いけどちょっとドギツい普段の野猿とは一味違った、食べやすい味の逸品でした。5日(土)までやってるので皆様ぜひ行ってみてください!