長いニーソに巻かれたい

主にポケモンのことを書くと言ったな。あれは嘘だ。

リュウを使う時に考えてることまとめ

スマブラ4でリュウを使う上で考えていることをまとめたもの

 私自身のスマブラーとしての実力は高が知れているため、第三者が読んで参考にできるレベルの内容になるかどうかはわからない。というか多分ならない。個人用メモみたいなもの。

 あくまで私が考えていることをまとめたものなので、考えていることが変われば随時更新される。

 

 以下各ページURL

 

・技について

【スマブラfor】リュウまとめ~技の解説~ - 長いニーソに巻かれたい

・コンボについて

【スマブラfor】リュウまとめ~よく使うコンボと連係~ - 長いニーソに巻かれたい

 

・キャラ対(キャラごとに記事)

遠距離:灼熱くらいしか届かない距離以遠

中距離:飛び込みが通るか通らないかくらいの距離

近距離:肘や小足が通る距離

とする。

 まだまだ白い部分が多いが、時間がかかってもできるだけ書いていきたい。

 随時更新

 

対マリオ 対ルイージ 対ピーチ 対クッパ 対ヨッシー 対ロゼチコ 対クッパJr.

対ワリオ 対ドンキー 対ディディー 対ゲムヲ 対リトルマック 対リンク

対ゼルダ 対シーク 対ガノンドロフ 対トゥーンリンク 対サムス 対ゼロサム

対ピット&ブラックピット 対パルテナ 対マルス&ルキナ 対アイク 対ルフレ

対ダックハント 対カービィ 対デデデ 対メタナイト 対フォックス 対ファルコ

対ピカチュウ 対リザードン 対ルカリオ 対プリン 対ゲッコウガ 対ロボット

対ネス 対キャプテン・ファルコン 対むらびと 対ピクミン&オリマー 

対WiiFitトレーナー 対シュルク 対ドクターマリオ 対パックマン 対ロックマン

対ソニック 対ミュウツー 対リュカ 対ロイ 対リュウ 対クラウド 対カムイ

対ベヨネッタ

遺言

 最近ブログをよく触るようになりました。ギンです。

 就職に付き毎朝早起きおじさんです。俺と朝のダイヤは2:8のガン不利。

 ついに私の長くて短い学生生活が終わったので、遺言を書いておこうと思います。

 というかただの俺の思い出。もはや誰も読まなくていい。

 

 主にポケサーのことを書きますが、それ以外のことも絡めて書くので適当に読んでください。

 実刑列ガバガバだしクソ長いので読み飛ばしてね。

 

・大学1年生

 第一志望に失敗して首都大学東京に入学。

 都会を夢見て地元から出てきた私を待っていたのは八王子の山々であった。

 大学構内でポケモンサークル(当時の名前はTMUポケモンサークル)、東方都立大学のビラをを見つけ、入部。これ以外にギター部にも入部。

 TMUポケモンサークルは私が入学する1年前に発足していたらしく、私が二世代目だった。東方都立大学も同様。すげえタイミングでオタサー出来まくってんな。

 東方都立大学ドミニオン(東方祀爭録)を覚え、これにハマる。私が大学で最初に覚えた娯楽であった。

 

 驚くような話だが、当時のTMUポケモンサークルは非常にポケモンが盛んであった。というかポケモンしかしていなかった。

 出来たてのサークルで人も少なく、娯楽の幅も狭かったことが原因であろう。

 当時は私もポケモンのモチベがそこそこあったため、普通に授業中にポケモンをしていたりした。

 東方都立大学の合宿にもここで一度だけ参戦。箱根でドミニオンをしまくっていた記憶。楽しい時間でした。

 

 11月の学祭でポケサーブースを出展。

 私は部活の屋台があったためあまり長居はできなかったが、シングル大会で3位入賞するなどしていた。

 

 それまで多大との交流も殆どなかったが、年度末のポ一オンライン大会にサークルとして、田螺、よしひろ(当時の名義はめとぽけの画伯)とともに参戦。

 私がここでベスト8に。たぶんちょっと名前が売れる。

 ここで知り合った人とは未だに一緒に遊んだりするので、他大との交流が乏しいめとぽけにとっては本当に明るい風でした。運営ほんまありがとう。

 こうしてバイトもせずに楽しいことだけをしてギターを買ってスキーに行ったら金が本気でなくなって極貧生活に。

 

・大学2年生

 ついに後輩が入ってくる。

 このときの新歓で、部活の演奏会のためスーツを着て前髪を上げていたところを、なぜか遊びに来ていた某氏に観測され、ヤクザがキャラクターとして一気に定着。

 このあたりからめとぽけはどんどん面白くなったなあ、と今にしてみれば思います。

 エアタービンという男が、なんと高校時代からの相互フォロワーだったことが発覚する、東方都立大学とめとぽけどちらにも入る、二人目の人間が現れる

 など、面白い人間が多い世代。

 

 そしてサークル名が正式にめとぽけになりました。

 私はここでPCLに初出場。大した結果は残せませんでした。

 更にポnewオフで予選全敗するなど、ポケモンのモチベがどんどん下がっていった時期。

 スマブラ3DSが発売されていたのでモチベがそちらに引きずられる。

 

 他大ポケサー員との交流はこの歳に入ってから大幅に増えました。

 私がなんとなく仲良くなたった人を集めたポケサー交流窓のようなもので東京観光オフなんかしましたね、懐かしいなあ。

 

 また、このタイミングで役職持ちに(細かい時期は忘れた)。

 前年度は代表と副代表だけだったが、ここで新たなポスト「渉外」が生まれ、私がそれに就任。

 めとぽけ初代渉外として、交流会の運営をするようになりました。

 特に中大ポケモンだいすきクラブさんとの交流会は結構な回数ありましたね。

 PCL予選消化を交流会で行ったり、PCL予選B地区のポケサーで交流会を開いたりもしていました。

 思えば、ヤクザとかいう、オタクの界隈にはあまり多くないキャラクターのおかげで、私の渉外業務は幾分か捗っていたようにも思えます。 

 

 その年の学祭でも同じくめとぽけブースには長居できなかったが、

 シングル大会は前年と比較にならないレベルの大盛況に。

 ポケサーで交流した成果を一番感じた瞬間だったかもしれません。

 そしてこの後、かの有名な「よしひろの命日」が訪れたわけですね。

 嫌な……事件だったね……

 年度末にWiiUスマブラスプラトゥーンを購入し、一気にポケモンから離れる。

 

・大学3年

 この年が一番書くことが少ないかもしれない。

 ひとつ下に世代交代し、ふたつ下の世代がそこそこに危険な人物が多く、

 めとぽけで主に活動するのも彼らになっていきました。老害がいつまでも居座ってもね。

 

 このあたりからめとぽけがじわじわポケモンをしなくなってくる。

 その反面、カード勢が入部したことで、特に交流の幅が広がったとも思います。

 いろんな趣味の人が集まるのはサークルのいいところですね。

 

 この年は私が部活を引退する年でもあり、なぜか東方都立大学も活動が微妙に減っていた時期だったので、私は部活の方に心血を注いでいました。

 活動日がかぶることも多く、また家がクソ遠くなったこともあり、あまりめとぽけには出られなかった年でした。

 

 それでも交流会や学祭で人との関わりが広がってくれたのは本当にありがたいことでした。

 私は一般的にオタクが履修しがちなものをどれ一つも触っていないのに、仲良くしてくれる人がサークル内外に年々増えたことは本当に感謝の限りです。

 

 無事部活を引退してから少し活動に行く頻度は上がったものの、就活がそこに控える都合そればかり、というわけにも行かないジレンマがずっとありました。

 

 某やべー後輩が、ことあるごとに活動に来てくださいとずっとツイッターで言ってくれてたこと、ここにしか書かないけど本当に嬉しかったしありがたかった。

 結局さほど行けなくてごめんなさい。

 

 

大学4年生

 3年の末から当然のように就活をしていたため、この年の新入生と知り合ったのはかなり遅い時期でした。

 そしてこの時、めとぽけはいつの間にか、めぼどげになっていました。

 誰かがどこからか買ってきたボドゲをみんなでする。ポケモンの要素はどこにもない。

 なんだこの空間は。でも楽しい。

 どう考えても僕のヤクザ芸の起源を知らないはずの世代の後輩にすら、当然のようにヤクザ呼ばわりされます。教えた奴許さねえからな。

 

 この年に入り、現実逃避から動画を投稿するようになり、いよいよポケモンのポの字もなくなりました。

 それどころかスマブラのオフに顔を出すようにすら。楽しいことに正直な人間ですね。

 

 いつか参加したたんげ飲みでオタク飲みの楽しさを知り、俺も主催するか、とギン飲みを主催しました。

 これまで3回開きましたが、どの回もサークル内外を問わず、本当にたくさんの人が来てくれました。相変わらずオタクがやりがちなソシャゲの類を全く触らない私の主催に毎度来てもらって本当にありがとうございました。

 

 12月にあったプチたま交流会が私の最後の交流会でした。

 構築はつるあしに借りました。

 

 その後の部内戦では、大学生活最後にして第7世代はじめての構築、

 「そのための拳」構築で挑み、まさかの3位に。

 USUM発売から3ヶ月ほど経っているのに使用ソフトがサン・ムーンでした。

 どんだけポケモンやってないんだよこのサークル。

 

 その後、死ゅう死ょくを待つ中で、

 第三回ギン飲みが無事盛況に終わり、私の学生生活は終わりを告げました。

 以下、雑感。

 

 思えば、短い4年間でした。

 どの時期も、自分が一番楽しいと思えることに没頭できる時間でした。

 各サークルや部活、それぞれに居るが故の迷いや苦しみも確かにありましたが、

 それを差し引いても、本当に幸せな時間を、これでもかとばかりに過ごせたと思います。

 

 サークル内で知り合った人も、交流会やツイッターで知り合った人も、

 私の幸せな時間に、一人でも欠けてはならない存在だと思います。

 めとぽけにいなければ知り合うことが出来なかった人がたくさんいる、という事実だけで、

 ポケサーに所属する価値を十分に証明できると思っています。

 惜しむべき別れが多すぎますね。

 正直労働意欲なんて欠片もないし、できることならずっとポケサーに居たいと思っていますが、どうやらそういう訳にもいかないようです。

 

 後輩諸氏に一つだけ、月並みでも私から言えることがあるなら、

 時間は有限で、それもどんどん体感時間は終わりに向けて早まっていく、だから、

 自分が好きだとか、楽しいとか思えることに、できるだけ没頭したらいい、ということです。

 

 何が書きたいか自分でもいよいよ怪しくなってきたのでこのあたりで〆ます。

 第四回ギン飲み、いつになるかはともかく絶対に開催します。

 みんな来てね。

 

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

【オフレポ】ウメブラ31

 お久しぶりです。誰にも何も言わずにキャラ対メモを少しずつ書き進める以外に全く使われていないブログを更新します。

 

 タイトルの通り、ウメブラ31に参加してきました。

 大学生活最後のウメブラなのでなんとか予選を抜けようと、事前に宅オフ行ったり闘龍門行ったり、いろいろ準備をしていたわけですが

 

 今回なんとスーパーシードなし

 

 最上位勢が予選で襲いかかってくるつらい状況に。

 もちろん全員倒して予選抜けを目指すが、教えてもらったことをきっちり実行に移すことも考えたいた。

 

 

 今回の名札、かわいい。

 

 持参枠の特権を生かして朝フリーしまくる。そこそこいい感じに動けていたので、上手いことやれば予選くらいは抜けられると思っていた。慢心とかそういうのではなく。

 ブロックがこちら。

f:id:silver_99:20180322013239p:plain

 

 スーパーシードレベルが二人いてスポンサーのつく海外プレイヤーがいるブロックをどうやって抜けろってんだよ!!

 答えは一つ。昇龍拳で破壊する。

 そんな予選の結果が以下。敬称略。

 

 1戦目 たけら(リュウ) すま村 ×

 一度宅オフにお邪魔し、前日闘龍門でも対戦した全一リュウとここでも対戦。通産省率たぶん3%くらい。相手が強いくらいで怯んでいては話にならないのでぶち壊してやる気持ちで挑む。隣りにいるたけらさんのプレッシャーにもだいぶ慣れてきた。

 開幕から流れを掴まれ、空後を刺されたりいろいろしているうちに全くダメージを取れないまま1ストック目を落とす。

 その後持ち直して相手の昇竜空振りに横スマを当てて20%くらいしか取られずにストックを取り返す。

 その後はなんやかんやダメージレースを五分で進めてお互い70%くらいのところで、こちらの復帰の昇竜が崖から頭を出したところに昇竜当てられて負け。

 ガバで落とした勿体無い対戦でした。

 

 

 2戦目 ろー(ゼロサム) 終点 ×

 オンで何度か対戦して通算勝ち越している相手。正直ここは勝ちたかった。

 開幕から流れを掴んで一気にストック先行まで持っていく。

 その後捲くられて崖際で空後を食らい、復帰阻止を嫌って竜巻を撃たなかったらまさかのそのままバースト。

 その後相手の下投げ即死を完走されながら生き残るが、崖外で空後を食らって負け。

 ぶっちゃけた話、終点選ばせてゼロサムに負けるようでは話にならない。即死食らった当たりで露骨に焦りが出たので落ち着きが大事。

 

 

3戦目 DT│pazx(ディディーコング) すま村 ×

 スポンサーがつく海外プレイヤー。事前情報で非常に立ち回りが手堅いとのこと。

 なんとか崩そうと必死になるが、結果として浅い飛び込みが増えただけで、最悪の状態でストックを先行される。

 その後落ち着いてきっちり我慢して待ち合ったらストック取り返せたけど1ストック差は流石に捲れず負け。

 ディディーに安易に飛び込んではいけない。

 

 

4戦目 ニャンこ(クラウド) 戦場 ×

 今回一番収穫のあった対戦だと言っていい。

 戦場で下投げ空上から火力を取る練習をしていたのでそれを試そうと思い、あえて戦場を残したら案の定戦場を選んできた。これが功を奏する。

 立ち回りの空前裏当てから空Nで台に乗って肘を当てたら下にずらしていたのですり抜けて空下、肘→空N→空下のアドリブコンボを見せるも空下がメテオにならず撃墜を逃す。

 その後ダメージレースでじりじり不利になり、SJに上スマを置かれて撃墜。

 その後昇竜で取り返し、ダメージレースを五分で進めるも撃墜しきれず負け。

 

 

5戦目 うる(ミュウツー) 戦場 ○

 予選敗退どころか負け越しが確定してからやっと一勝を掴む。遅い。

 正直特筆してこれが!というものはなかった印象。

 

 

6戦目 ラッセル(ソニック) すま村 ○

 昔メイトで負けているソニック。リベンジのつもりで挑む。

 立ち回り激キツなのでダメージレースは先行される。

 ラインを詰めたところでここぞとばかりに横スマ昇竜したら、なんと相手のガードが割れる。 そのまま落ちていってストック先行。

 後ろから声が聞こえて、この予選初めて対戦中に口元が緩む。実は勝てる時結構笑ってる説ある。

 その後全然アド取れずにストック取り返され、じわじわダメージレースも不利になり、またライン詰めたので空N飛び込みを空振ってギリギリのところで横スマ、一歩ひこうとした相手にこれが刺さって撃墜。

 残り45秒くらいのところで露骨にタイムアップ狙いだったのできっちり壊せた印象。

 

 

7戦目 ちるにっつ(ゼロサム) 終点○

 これも特に特筆するべきことなく勝ち。

 予選で唯一ジャスガ昇竜が決まった。

 

 そんなわけで3勝4敗、5位で予選落ち。対戦してくださった皆様、ありがとうございました。

 

 

 前日のツイートがこれ。ツイ消ししたいくらい恥ずかしい。

 

 

 その後はホモの兄ちゃんたちと最近流行りのデデデランをしたりチームしたりしながらBクラスを待つ。

 

 Bクラスの結果はこちら

 

 2回戦 ライノー(カムイ)○××

 最近苦手なカムイとここで当たる。前日闘龍門にてマサロトムさんに対策を聞いたセビを軸に立ち回ってみることに。

 1戦目はこれが非常に機能し、終始ペースを握ることができた。

 しかし2戦目以降、気を緩めたつもりはないが手癖の動きが多くなり、2戦取りきられて負け。

 

 流石に悔しい。

 

 そんなわけで私の学生生活最後のウメブラは冴えない最速敗退マンでした。

 次回参加できるのがいつになるかわかりませんが

f:id:silver_99:20180322021611p:plain

 という気持ちです。

 

 長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

リュウの立ち回りのいろいろ

  最近どうもスランプでメイトのレートがドカドカ溶けてるので、一旦頭の中を整理する意味で書き散らかそうと思う。

キャラ対などを考慮に入れない、概論的なものとして。

 

・遠距離

やれることかないので歩くなりダッシュなりして近づく。

逃げ待ちする相手には灼熱打つこともあるが足が速いと見てから飛び込まれることもあるので注意。

 

・中遠距離

お互い1ステップ+前回避で裏に回れないくらいの距離を適当にこう呼ぶ。

この辺りから歩いて間合い管理を意識する。下手なダッシュは相手の飛び道具やリーチの長い技に引っかかったり見てからいろいろされるので警戒すること。

相手の動きに対応して技を刺せるのもこの距離から。

SJから色々してくる相手には上り空前、ダッシュには肘や小足、ガードや回避のあとには大足などできっちり差し込みや差し返しをすること。強上強対空も機能する。

 

・中近距離

もう一歩で小足が届くくらいの距離を適当にこう呼ぶことにする。

コンボ始動が当たったら確実に殺す。

こちらの行動を潰せる技(例えばマルスの空前) に警戒しながら、前歩き小足や肘、あるいは空後押し付けや低空空Nなどでできるだけ圧力をかける。

この圧力が大事で、ここでの相手の動きをちゃんと見ること。回避で逃げるのかジャンプするのか暴れるのか或いはそのほか。

無理に差し込みに来る相手にはガードや回避から小足or肘、あるいは走行反転小足で差し返す。

回避打つ相手には様子見を多めにして、見てから狩るのが理想。特に前回避は引き空前や空後、反転肘や小足などで確実に。後ろ回避は相手がラインを失うので、焦らず攻めること。

 

・近距離

こと撃墜においてはこの距離でないとどうしようもない。リュウの命。

ここでもコンボ始動が当たったら殺すこと。肘、空前裏当て、セビあたり。

飛びや小足肘などからガードさせて鎖骨でガークラ、投げから復帰阻止などを狙う。この距離にいられる間にできるだけかハイリターンを取ること。

あえて後ろ飛びで様子見して暴れ潰ししたり、いきなり技をパナして圧力をかけても良い。

崖はきっちり読み合うこと。

ただ攻め一辺倒にするのではなく、追い払いたい相手の行動を潰すことも意識に入れる。

 

とりあえずこれくらい。

ウメブラT.A.Tオフレポ【12/23-24】

 記事を書くのがあまりにも久しぶり。こっそりキャラ対メモ書いたりしてるけど。

 

 タイトル通り、ウメブラT.A.Tのオフレポです。

 ウメブラ自体はこれで4度目の参加ですが、結果が振るわないというレベルではなかったのであえてレポ書かんでもいいだろうということでサボってました。

 

 今回初めて自分でも嬉しい結果が出たので書いてしまおうと思います。

 一週間も経ってんじゃねえかよ。

 長くなりますが、お暇でしたらお読みください。

 

 【1日目】

 持参枠なのでWiiU背負って蒲田へ。品川でやるおさんと偶然にも出会い、お互いの予選のことを少し話す。ここで各予選相手のことを少し聞けたのはちょっとありがたい。

 

 会場に着いたので申請して設営。声をかけていただいたじーえぬさん、Rakkyoウさんとフリー。いい具合に手元が温まる。

 

 開会式のあと予選。午前ブロックでした。以下簡単なレポ。人名は敬称略。

 

 ギガバス MGW  ×0-2

 対ゲムヲがわからない。

 頑張って技を刺そうとするも終始ペースを握れず、

 1スト目ジャンプ上がりに空上、2スト目下投げ空上で撃墜されて負け。

 幸先が悪いが切り替えて次へ。

 

 アーク アイク  ◯2-0

 聞けば動画投稿者だったらしい。まさかの投稿者対決。

 ダメージレースは互角かこちら有利に進み、1スト目は空前着地に肘昇竜で取る。

 これをきっかけにこちらがペースを掴み、2スト目は細かいこと忘れたけど小足昇竜で撃墜。

 ひとまず前回以前のオフと同じく、予選で一勝は取れた。
 
 勘左衛門 ピカチュウ  ◯2-0
 詰みカードなので正直怖かった。セコンドひられば7氏にアドバイスを求める。

 咎められなさそうな石火に無理に付き合わないことをとりあえず意識。

 肘控えめ小足多めの立ち回りで辛うじてリターン勝ちし、1ストック目は空N着地昇竜パナシで撃墜。

 そのまま流れを掴んで2ストック目も小足昇竜で撃墜。

 ここで初のオフ予選複数勝。

 

 kept むらびと  ◯1-0
 ここで第一シードとの対戦。たけら宅民であることを知っていたし、対リュウは当然 出来上がっているだろうと思っていたので、ここは落としても仕方なく、他で勝つプランだった。

 1ストック目がどう落とされたかは忘れた()

 そのあと横回避→小足昇竜で撃墜して、ダメージ差をある程度取り戻す。

 お互い90%くらいの状況で相手が明後日の方向にハニワを打ったところに小足昇竜刺してまさかの勝利。

 だいたいこんな感じで吠えてました。

 

 後ろでみてたひらればさんやえるめす兄貴にも褒められる大金星。とても嬉しい。

 

 おれカムイ   ×0-1
 カムイもあまり得意ではない(苦手キャラしかいねえ)

 1ストック目をどう取られたかは忘れた()
 その後ダメージ稼いで横スマ昇竜が横スマ吸い込んで取り返す。やはりこのコンボ確定だ。 
 その後ダメージ取ってから、セビ刺したところで空下昇竜せずに生昇竜を選択した結果撃墜を落とす。
 その後はこちらの空後空振りに横B先端が刺さって負け。勝ち確を落とす非常に勿体無い試合。反省。

 

 みやこカービィ ◯2-0
 対カービィは対抗戦でジャイアントキリングしているので、自信があるというわけではなくとも苦手意識はさほど無かった。

 1スト目は確か小足昇竜で撃墜。

 その後も流れを握ったまま昇竜あてた気がする。劇的な対戦が多くあまり覚えていない。

 

 べいすシュルク ◯1-0

 シュルクも人が居なくて対策が立てられていない。モナドの間合いを意識して、疾の速さに振り回されないことを意識した。
 ダメージレースは互角かこちら不利くらいで進む。

 お互い高%のところでその場上がり→竜巻ブッパを通しストックを先行。

 多少ダメージ稼いでから復帰阻止を貰って撃墜される。

 そこからはダメージレースもほぼ互角、お互い一発貰えば撃墜という%でもう一度竜巻を当てるが撃墜には至らず。

 その直後の着地に強Aを刺してギリギリいっぱい撃墜。

 

 ひらればセコンド「そのための脚だね」

 ↑名言です。

 

 

 そういうわけで5-2、三つ巴で直対の結果3位抜けです!

 予選抜け初めてなのでとても嬉しい日でした。

 

その後はやるおさんと突発チーム「ヤサイニンニクアブラカタマリ」をダブルリュウで結成してボコられたり、いろんな人とフリーしてました。とても楽しい時間でした。

 

【二日目】

 

 二次予選の表はこちら。

 なんで予選にいるんですかこの人達。1位抜けしてくれ。吐き気がしましたね。

 そういうわけで二次予選。

 

 表

 gain リトルマック ×× 0-2 0-1

 マックかあと思って絶望していたらセコンドから「ベヨが来るよ」と言われる。

朝のフリーでベヨと対戦してました。

 リトルマックが来ました。

 1戦目はライラットで手も足もでず負け。

 2戦目は確か村街でなんとかストック取るも終始相手ペースで負け。

 キャラ対ちゃんと考えなきゃいけないなあと思う一戦でした。

 

 裏

 そめ ゲッコウガ ×× 0-1 0-1

 苦手カード再び。さらにセコンドが倒されるのを以前のウメブラで見ている。

 それでも気持ちは折れず、なんとかして倒してやろうと思っていた。

 やはりダメージは終始相手ペースで、こちらもあと1昇竜のところまで頑張るもジリ貧で敗北。このキャラ難しい。

 

 そんな感じで二日目は全くいいとこなしの最速敗退でした。地獄みたいなブロックなのである程度仕方ないとはいえ、悔しい敗北でした。

 

 その後はたくさんフリーしたり、オフで出会った方々と飲みに行ったりして、とても充実した時間を過ごすことができました。オフやめられねえ。

 

 オフで予選リーグを抜けるという目標を達成できたことは素直に喜んでいます。

 次もちゃんと予選を抜けて、本戦で一つ勝つという新しい目標ができました。

 これからも頑張っていくためのモチベが爆発的に上がったオフでした。

 予選やフリーで対戦して下さった皆様、本当にありがとうございました!

 

 オフレポはこれで終わりになります、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

リュウのキャラ対メモ【対ベヨネッタ】

ベヨネッタ
立ち回りで注意する技、振りやすい技
遠距離
中距離
近距離
復帰

その他

リュウのキャラ対メモ【対カムイ】

対カムイ
立ち回りで注意する技、振りやすい技
遠距離
中距離
近距離
復帰

その他